手描染 眞水

まみず日々のあわぁ

instagram

TOP > お知らせ  >ローマは一日にしてならず

まみず日々のあわぁ

カテゴリー: まみず日々のあわぁ

ローマは一日にしてならず

2005.05.14

冬眠と3月の個展制作のこもり過ぎで太ってしまってたんだけど、春になって少し痩せた。
でもでもでも、、、なんでジーンズがまだきついんだ。。。ガーン。
むむむ、運動不足だわ。
というわけで、”今日はこもるぞ”という日は散歩に出かけるようにしてます。
出かける予定のある日と雨の日はパス。
朝の鴨川や御所。夕方の出荷で郵便局まで。
空を見上げて深呼吸したら、たまってたものが頭のてっぺんから押し出されていく感じがして気持ちいい。
さてさていつまで続けられるんでしょうか。

曾我蕭白

2005.05.11

a7038f91.jpg京都国立博物館にいってきました。前券買ってたのに行き損ねるとこだったわ。
一時間くらいであっさり見れると思ったら。なめたらあきまへん。3時間みっちり見てしまいました。
独特のタッチで、普通想像する水墨画のようにあっさり美しいものではない。結構ドクドクしい絵もあって。なんだろなぁ、苦手な感じかもとおもってたんだけどとっても楽しくみれました。すごいいろんな絵があるから見てて飽きてこないしすごい。
おめでたい題材なのに不吉な雰囲気の絵、強い武将で勇敢に描かれる人物が弱そうに描いてあったり、偉人がにやけた顔だったり魚が釣れないからってふてくされた顔で描かれてたり。メインで描かれるべき題材の人物が山水画の中でめっちゃ小さく描かれてたり。飲んだ勢いで手に墨をつけて即興で描かれた絵もあったり。ほんま思わず突っ込みたくなるような絵がたくさんでした。笑
音声ガイドを借りて聞いてたんだけど、そのコメントがまた面白い。とにかく曾我蕭白がアバンギャルドでエキセントリックな絵師であったことを言いたいみたいで、結構言いたい放題の解説。絵に隠された画家の皮肉っぷりといい、破天荒とか、べらぼうな絵であるとか言い過ぎやろと突っ込みたくなります。『そこまでやっていいんかい』的な事を解説の人が吹き出しながら言うてました。それを聞きながら絵を見てニンマリ。
そうそう、音声ガイドおすすめです。大きな展覧会に行くと作品数も多いので見るだけで結構疲れる。それで解説まで読んでたらもう最後までもたない。そこで音声ガイド借りてたら解説は読まなくてすむし、描いてる以外のエピソードも聞けたり。なかなか便利です。

たのしい展覧会でした。

豊穣甘口。

2005.05.11

昨日は手作り市の申し込みが、抽選で外れダダヘコミ。友人にたのんで一緒に出させてもらえる事になって一安心。それに振り回され引きこもってヨボヨボになってたら友人が夜遊びにきてくれた。うれしい突然のお客様を連れて。誰かと思ったら、三年越しで会えた写真家さん。手作り市の取材であった事はあったけどこんな風にゆっくり話せたのははじめて。HPや日記の仕事っぷり時々みてすっかりファンになってたので、うちで一緒に飲めるなんてドキドキしてしまったわ。超初期の眞水Tを持っていただいてて、いくつかつながりのある話もあって縁があってうれしいなぁ。今度のリーフの取材の写真も担当だそうです~。知多半島の取材で買ってきたという常滑の日本酒と魚広場の海老せん最高でした~。
今日は博物館の近くで京焼の窯元のお家に見学にお邪魔させてもらう。すごい。。。職人技ってすばらしい。まみずも精進します~。おいしいお抹茶もいただき、作品もみせてもらう。

注文がたまってくると引きこもりがちなのですが、やはりこうしていろんな刺激を受けなきゃだめだなぁと改めて思う。そうしたら筆も気持ち良く動くのでした。やっとてぬぐい展DM用の手拭が描けた~。

東京みやげ

2005.05.09

a1c2d332.jpgお友達は10連休だったんだって。
ほんまにいるんや~、そんな幸せ者。
タカノのフルーツパーラーのチョコボール。
イチゴ、バナナ、メロン、ミント、いろいろ。
レモンが一押しです。

京都アートクラフトフェア

2005.05.08

3b66b221.JPG7、8日はクラフトのイベントでした。
会場は梅小路機関車公園という、時々汽笛の聞こえる広い公園の一角。
今回で3回目の出店。
犬の散歩や公園に遊びにきた人達が通りがかりに見ていってくれたりするのんびりした所。

昨日は朝まで降り続いていた雨が、搬入時間には止み気持ちのいいアオゾラ。
でも風が強くてTシャツが飛びまくりで大変でした。
『きょ~お~ふうはろ~お~ちゅ~いほ~♪』と鼻歌しつつ、突然吹く強風に「飛ぶな~~~!」と念じながらの出店でした。

今日も快晴。
うおっ、ハンガーにかけていたTシャツに鳥の糞が!!!泣笑
これで運の尽き?!いやいや運ついちゃったわ。ぷぷ。

最近毎月出してる手作り市がすごい人なので、感覚が麻痺していたようで。
こんなのんびり出店は久々。
少したいくつなときもあったけどそれはそれ。
こんかいもいろんな出会い再会、楽しく出店できました。

昼間の日焼けと、夜に出展者仲間のご両親にご馳走になってしまった焼き肉(久々~)でお腹いっぱいと、寝不足とで脳みそトロトロです。
これで黄金週間は終わりです。
まぁ、自由業いえ自営業の真水はいつでも黄金にできるからかんけいないんだけどね~。
ゆっくりはしてないけど世間様に便乗して無理矢理あそんでたような。
昨日バイクに寝袋積んで走ってる人みて切なくなりました。
いやいや。なつかしんじゃいかん。
真水もそのうちふいに旅立ちたいな。今度は電車かな。
ささ、ご注文はたんまりたまってます。今週もきばっていきましょ~!

蒔いてみるみるもんだ

2005.05.06

先日の雑誌の取材で資料として預けていたTシャツとスケッチブックが帰ってきました。

今回の取材は、知り合いの知り合いでライターをしてる方に眞水Tを気に入ってもらって、
それを編集の方と話してたら編集の方も眞水を知ってる!ということで取材していただける事になったそうです。
どこで知っていただいたのかなぁ、手作り市かなぁと思ってたら。
今日帰ってきた荷物と一緒に編集の方から一筆。

そうでした、確か一年前の個展のDMを『京都CF!』さん宛に送ってたのでした。
礼儀もわからず、なんの愛想もなくDMだけ送ったような気がします。
ダメモトだったし、本人はすっかり忘れてました。
そのDMを覚えていただいてたみたいです。
それでライターさんから眞水話を聞いて、知ってるびっくり取材を!となっていただいたそうです。
まさか自分で蒔いた種だったとは。。
一年たってステキなご縁をはこんでくれました。

眞水を載せていただくのは7月1日発売。
雑誌は『京都CF!』です。
眞水も小学生高学年(笑)の頃から見ている雑誌。
ちょっとマニアックな京都ネタ満載。
今月の特集は『NOカレー NO LIFE』。
全国でも大きな本屋ならあると思います。
見てみてくださいね~。

届いたステキなもの

2005.05.05

q昨日持って帰ってきたものを眞水宅に届けてもらう。
ばぁちゃんちでさがしてきた陶器。
古そうなものをセレクトして持ってかえってきました。
こうやって今は亡き祖父母が使ってたもの達を、大事に使って行きたい。
高い骨董屋で買うほどこうゆうものが好きな訳でもないし
大切な人の思い出や歴史があるから使いたいと思う。
昔のものって、手仕事で作ってあるから古くてもしっかりしてるしね。
奥の金の箱は父が使ってた弁当箱らしい。これは領収書入れにしよかな~。
重箱は細々小物入れ。
大好きな風呂敷もたくさん発見。じいちゃんの名前入りだったり。柄も古風でかわいい。これで納品がまた楽しくなるわ。押し入れ収納にも小分けに使えるしね。
杉板の机はけっこうデカかった(苦笑)。でもうれしい。母が子供の頃からあったらしい。引き出しが二つに分かれてて両側から引き出せるようになってるのは、母と叔父が向かい合って勉強できるようにとじいちゃんの愛情。腰の悪かったばぁちゃんが何度も手をついた後が残ってる。
大事にします。

最近の投稿